浄化槽施工例

府内の汚水処理の状況

平成22年までに、大阪府には、未処理生活排水の適正処理100%目標があります。しかし、貝塚市以南岬町まで公共下水道の供用開始%が30%で推移しています。まだまだ、汲み取り便所の家が存在し、未処理の生活排水の、海域河川への垂れ流しによる水質汚濁、環境汚染が続いています。

浄化槽実態基数点検

大阪府内北は能勢町南は岬町までに浄化槽が17万基存在しています。(19年度調査)
現実問題、適正適法に浄化槽の点検契約、清掃契約、法定水質検査を実行していない
管理権原者多数いました。

出典 社団法人 和歌山県浄化そう協会